先を観る力

今日の写真

 婚活でとても重要になるのは、先を観る力なのだろうと思っています。
今を観ることはだれにもそうむずかしいことではありません。だから多くの人にとって、現在の仕事や収入や、そして容貌なども含めて、お相手の「今」ばかりが気になる。
でも人間の変化や成長を見越して、相手を観るということを、私たちは普段あまりしません。あったとしても、大きな会社だから、5年先、10年先もきっと安定した収入が見越せるだろうという程度の話。

そしてそれは、お相手のこと以上に、自身についても、いえること。何とはなく漠然と、5年先、10年先の自分はいまと変わらずにあるのだろうなと思っていたりもするけど、5年後、10年後はこんな自分でいようと、少しでも意識して、「今」を生きている人はそう多くありません。

今日の写真

 もしかすると、自分の5年先、10年先を見とおす眼が、お相手の5年先、10年先を見とおす眼をつくってくれるのかもしれません。
結婚は、ふたりの生活を積み重ねていく場です。互いの人生の目標を叶え合っていくパートナーとして、お互いはあります。
とすれば、出会う前にこそ、自分自身の人生の目標、指標をきちんと描き、出会ったときにはそれを大切なものさしに、お相手の目標、指標と照らし合う。それが、お見合いによる結婚のいちばんよいところ、ときに醍醐味なのだろうと私は思います。

前を向いた「今」か、ただの無自覚な「今」かで、婚活の充実度は変わってくると思っています。

2013年3月23日 15:31 長井 春美

過去のコラム

back number