自分を演じる

今日の写真

 その昔だれかが「女性は生まれながらに女優である」といっていたような記憶があります。まったく見事な洞察力だなあと、女性である私は心の底から感服します(笑)。
それはともかく、演じる、ということは、婚活というような場においても、男女かかわりなく、とても大事なことなのじゃないかなと思うのです。

まったくの他人を演じなさいといっているのではありません。
お金のことや、仕事のことや、家のこと。そういうことで虚を演じても何の意味もないのだけど、自分という人間の人となりを伝えるには、どこか自分を演じる、第三者的に自分を見て、それをお相手に分かりやすく伝えるという表現力が必要かなと感じるのです。

今日の写真

 とはいえ自分を表現するのは案外むずかしいこと。
だから、こうありたい自分というのを思い描いて、そのシナリオにしたがって、自分で自分を演じていく。そこには虚も嘘もありません。

演ずるときには、ある程度の誇張も必要だけど、それ以上に、抑制も必要になります。
もっと大事なのは、自分というシナリオを、よく読み込むということでしょうか。
こうありたい自分を演じているという意識が、自分を正してくれる側面もあるでしょうし、何より、コミュニケーションへの苦手意識を少しでも払拭してくれれば、それがいちばんなんだけど。

2013年1月19日 11:42 長井 春美

過去のコラム

back number