体験から学ぶこと

今日の写真

 少し前のことになるかな、私たちの相談所に入ってこられたひとりの女性。ちょっと高めの年齢です。
入会の当初、いろいろ質問されることが多かった。成婚の確率とか、お金のこととか。私なりに感じるのは、ここで本当によい人に会えるのか、結婚できるのかということに不安が大きくて、どこか逃げ腰。だからいま退会すればどんなふうにお金が返ってくるのか、とか、そういうことばかりに気持ちがいっていたのではないかと思います。

気持ちがあまり前向きでない分、男性と知り合っていくペースはちょっと鈍かった。
でもあるとき、同じ時間を過ごしていてとても楽しいと感じる男性との出会いがありました。そしてそのまま結婚へ進むのかと思いきや、しばらくの交際の後、彼の条件的な一面がどうしても折り合えず、結婚はできないと決断しました。楽しいけど、生活の上では無理がある。そういうことかな。この間、彼女にたいへんな葛藤があったことはまちがいありません。
そうこうするうち、他でとある男性と知り合った。そしてそれは結婚へと成就することになりました。

今日の写真

 退会の挨拶にみえた彼女がいわれるには、ここで出会った彼との交際で学んだことが大きかった。私を変えてくれたと思います、と。
彼女の結婚は素直にうれしいけれども、この相談所の一員としては、少し切ない気持ちも残る結末(笑)。  
でもたしかに思うのは、人は人と接して、接し方を学ぶということです。それが深ければ深いほど、学ぶものも大きい。遠くから覗き込んでいるだけでは、肝心のものは見えないよねと思います。

2012年10月20日 10:56 長井 春美

過去のコラム

back number