安心できない

今日の写真

 時折ここでも話していることなのだけど、最近はちょっと昔に比べて、自分に自信のない男性が増えてきたという印象を持っています。
たとえばお金の話。いま年収がこれくらいなのだけど、この程度で結婚してうまくやっていけるのかな、という心配をしている男の人たちはとても多い。結婚相談所はそれなりに年収や職業、その経験など、そういう諸々についてそれなりの審査をし、入会してもらうかどうか決めますから、実際それほどの心配は要らないと思うのだけど、つまるところ、お金を第一の要素として、自分を自分で頼りない存在だと思い込んでいる人が少なくないと感じています。

今日の写真

 お金の話をつづければ、女性も、とくに自分でいま仕事を持たない人は、お相手の年収にシビアな人が少なくありません。
でも、これもよく話を聞いていると、高い年収の人と結婚して楽をして暮らしたい、贅沢したいという欲求が強いわけではなく、むしろ、これくらいないと“安心できない”という不安が根っこにあるように思います。要は、将来に対する不安からくる年収設定。こちらもたぶん、自分への自信のなさの現れなのかなと思わないでもありません。

年収が年収設定の枠内にうまく収まっていたとしても、自分に自信のない人同士が巡り会い結婚へ向かっていくケースは当然レア。だってまず、はじめから惹かれ合わないもの。

もしかすると社会という場所は個人が自信を得るには少し不適なところという気もします。むしろ大事なのは家庭。若い人が自信をきちんと得るには、親の言葉や態度がとても大事。成人して何年も経っていても、30を過ぎていても、そういうところから始まるのが、現代の婚活というものかもしれないと私は思っています。

2012年8月11日 11:51 長井 春美

過去のコラム

back number