決断はどっち?

今日の写真

 決断する、ということが、婚活の成否を決める、といって過言ではないのかもしれません。
実際、入会のときから、皆さんは決断に追われる。入る、どうするの? ということに始まって、あの人と会おうか、どうしようか、会ってみたけれど、さあ、これからどうする? と悩みの種はつきません。

そして、もっとも大きな決断は、はたしてこの人を、生涯のパートナーにしてよいのか、どうか。

今日の写真

 その大事な決断を、実は、相手任せにしている人が多いのじゃないかとも感じるのです。「あの人がこんなふうにしてくれたら」「あの人が、もっとこうであったら」と、相手が動いてはじめて、自分も動き出すつもりでいる。
でも、そこには、あなたはどうするの? という“決断”がありません。

こういうことは、実際の夫婦間でも、実は少なくないのです。いつも、相手任せ。

話し合う夫婦になってね、と、成婚が決まったふたりにいつもいうのは、そういうことが背景にあります。
黙っていても分かる、というのは、ほんとうによい時間を過ごした、年老いたふたりだけ。それまでは、せめて言葉をつくさなくては、と思います。

2016年6月25日 10:30 長井 春美

過去のコラム

back number