持たないものより持っているものを考える

今日の写真

 若い人たち、とりわけ、若い男性たちが、自信を喪失し始めてから、もうどれくらい経つのでしょう。もちろん、みんながみんなというわけじゃなくて、あくまでも、それが目につく、というほどの話だけれども。

とくに、婚活の世界では、そういう現象が顕著に見られ、現場に来て不安な様子を見せているのは、まだよい部類で、多くは、はじめから結婚というものを諦めているらしい。少なくとも相談所はおしなべてそうで、食わず嫌いというかな、そういう人たちが多いと思っています。

今日の写真

 何を恐れているのかなあ。家がないこと、車がないこと、そして、給料が安いこと?

持たないことに、どうしても、気持ちが向いてしまうのかな。それよりも、すでに持っているものに目を向けてはどうだろうと思います。
仕事も、お給料も、たしかにいまは安いかもしれない。ふたりでやっていく自信は、持ちなさいという方が無理があるかもしれないけど、ひとりなら食えないものも、ふたりなら食えるもたしかにあると思う。
大事なのは、そして、やっぱり自信。それをいまより少し、低く見積もってはどうだろう。

不安が奪うもの、自信によって得るものって絶対あると思うんだけどな。

2016年5月21日 11:21 長井 春美

過去のコラム

back number