40過ぎて自然分娩

今日の写真

 ついこのあいだのこと、結婚してどれくらい経つのだろう、1年か、1年半か、そのくらい、ひとくみの夫婦がそろって顔を見せてくれました。もちろん、ブライズで知り合ったふたり。

女性は40になる少し前に、入ってこられた。旦那さんが少しあとに入って、これがまた純粋な人で、会いますか? とうかがったら、いちもにもなくハイハイという感じで交際がはじまった。ともに学校の教員をされていたのもよかったのでしょう、40を越えた頃に、結婚。そして今度は、ひとりの子どもを連れている。
「40過ぎて自然分娩。イエーイ!」
ピースマークというのかな、お母さんのおどけてする表現がまぶしい。

今日の写真

 いまは初産の年齢でプレッシャーを感じる人が少なくない。とくに妊娠が気になる女性はなおのことかもしれません。
少しでも早く、といってはいても、まわりの人が結婚を焦り出す、そのタイミングが遅くなっている。そういうときこそ、結婚相談所だと思うのだけど。

旦那さんが、すごくいい顔をされていました。いっしょに取り上げたんだけど、わけのわからないままで。でも、こんな感激はないです、と。
遅くても、やることをやっている人には、こういう幸せがまっているということなのかな。

2015年9月 5日 16:25 長井 春美

過去のコラム

back number