違うから楽しい

今日の写真

 およそ週に一度のサイクルで、このコラムのための文章を書いています。
書きながらいちばん気になるのは、自分のいま伝えたい思いが、この限られた字数のなかにきちんと表現されているのかどうかということ。言葉って、ほんとうにむずかしい。
もうひとつは毎回のテーマのこと。折々に感じることをピックアップしているのだけど、大半は婚活についての総論のようなもので、これを読んでいただいているひとりひとりの方がそれぞれに直面している課題に、ピンポイントで応えられるような内容ではありません。各論じゃない。それはもちろんしかたのないことなんだけど、そこにちょっとした物足りなさを感じたりもしています。

今日の写真

 婚活というのは基本、各論で語るべきことなのですね。みんなみんな人格も事情も状況も違う。私たちが日々おこなっているカウンセリングというのは、その違いをふまえたうえで、ひとりひとりに向き合うこと。ひとりひとりが違うし、同じひとりの人でも、時間の経過とともにいっしょに考えていく「課題」はつねに変わっていきます。そこにどう対応できるかどうか。
でも、もちろん、ひとりの人間にとっての結婚とはどのようなものなのか、そのための婚活はどのようなものでありたいのか、その総論というのか、背骨のようなものは、みんなで共通したものをもっておきたい。

このコラムはブライズアカデミーの会員の方だけではなく、婚活中という言葉があてはまるたくさんの方に読んでいただいています。いまもしも相談所やその他の機関などに入会しようと思われる方がいらっしゃるとすれば、人はみんな違うということを大事な前提にして、でも、婚活の総論もおろそかにしない、そういう機関をぜひ選んでいただきたいと念願します。
人を数でとらえないということ。それは婚活中のあなたへのアドバイスでもあるのだけど。

2015年7月25日 10:36 長井 春美

過去のコラム

back number