自分を好きになる

今日の写真

 どのようなアンケートだったのか詳細を忘れてしまいましたが、自分が好きか嫌いかという調査で、最近の日本の若い人たちは他の国の人たちに比べて、ちょっと段違いにといっていいほど、自分を好きな人が少ないという統計結果を見たことがあります。
もともと内省的になりやすい国民性も影響していると思うけど、自分を好きな人が少ないことが、結婚する人の数を減らしているのかもしれないと思って、愕然としてしまいました。だって、自分を好きになれなければ、人を好きになるのもむずかしいから。

今日の写真

 結婚はしなくてはいけないからしようと思っている、という人がときどきいます。希望ではなくて、義務感としての結婚願望。婚活に向かう動機としては、それで充分かなと思うけれども、いつまでもそういう感覚のままでいると、希望するような人と出会い、結婚へとともに歩んでいくことはむずかしいと感じます。
人に会うこと、異性とともにいることの楽しさ、うれしさ。表に現れる濃淡は人それぞれでも、お互いにそう感じるベースがないと、生涯の伴侶とは感じにくい。
自分を好きである。自分の人生を愛おしんでいる。その延長線上に結婚生活もあるはずです。
だから、婚活の第一歩って、自分が好きな自分をちゃんとたしかめること。好きだから、そばにいて楽しいという空気をお相手に与えることができるのでしょう。

自分を好きでいるためのハードルを高くしているあいだは、なかなか自分を好きでいられません。でも、たいていの場合、ちょっと探せば見つかるのですよね、こんなところはだれよりも素敵な自分。
そしてそれはお相手の異性にもいえること。見ようとすれば見つけることのできる魅力をみんなもっている。見ようとしないから見つけられないということもあるのではないのかな。

2015年4月18日 10:59 長井 春美

過去のコラム

back number