自分に合う場所

今日の写真

 この頃は婚活パーティーやネットの婚活サイトを転々として、活動の軸足がなかなか定まらない、いわゆる〈婚活難民〉の現象が多くみられるといわれています。
私たちの相談所に入会されるまでに、いくつかのパーティーやネットを使った出会いの場を経験してきたという方も決して少なくはありません。このあいだも、入会の面談で、これまで婚活パーティーへの参加を婚活の中心にしてきたけど、なかなか思うような人に会えないので、思い切って相談所に来たという方が数件も連続して、ちょっと驚かされたり。
余談ですが、パーティーやサイトを転々とするという方は女性に多い気がします。足下が定まらないというより、結婚に対する真剣味が、次の場所を探させるという感じでしょうか。

私は、婚活について、相談所が万能であると思っているわけではありません。相談所にもいろいろありますし、それよりも何よりも、その人に合う婚活の形態があるはずだと思っています。人間のタイプとして、自分をぐいぐいと前に出していける人は、パーティーなどでも端的に結果を得られるのかもしれません。

今日の写真

 でも、どうなのかなと思うのは、入り口が簡単な婚活の場は、お相手の異性も、その容易さに惹かれて、その場に参加しているということです。参加費もさしてかからない。参加するための条件や、そのことの確認も安易だから自分も参加している、相手も参加している。そこで、お相手の結婚への真剣味を尋ねても、あまり色よい答えが返ってくるとは思えないのです。
とはいえ、人に会う、異性に会う経験は大事かな。それを糧にして、ほんとうに自分に合う場を一刻も早くみつけてほしいと願います。

2014年10月11日 10:56 長井 春美

過去のコラム

back number