乗り越えていく

今日の写真

 この数ヶ月ほど、私たちの相談所に長く在籍していただいた方の成婚が相次いでいます。長く、といっても、1年2年という話ではなく、5年6年、もしくはそれ以上といった方々で、それがつづくというのは、やっぱりとてもレアなこと。
どのようなケースにしても、結婚が決まるというのは心うれしいことなのだけど、長く在籍された方は当然、この間のお付き合いも深まるわけで、その分、私たちスタッフのよろこびもひとしおのものがあります。

結婚相談所に入会して数年。この間、いろいろな方に会い、交際しても結婚へは結びつかなかった。その時間は無駄であったのかといえば、決してそうではないと私は思っています。

今日の写真

 結婚とは、人間のあらゆる関係性の中で、最重要のもののひとつですが、関係性を磨いてくれるものは〈経験〉しかありません。
長い時間、在籍される間には、希望するようなお相手になかなか会えないという焦りもあったでしょうし、会えたとしても、今度はお相手の希望に自分がそぐわないというような痛み、苦しみがあったかもしれません。結婚そのものを諦めてしまおうかと思う一瞬だってあったかもしれない。
そういう一つひとつの経験が、お相手を観る目も、自分の言動も磨いてくれて、成婚にたどりついた〈いま〉があるのだと思います。

そして、傍目には、〈無駄〉に思える時間が生きてくるのは、結婚という新しい生活に入っていくこれからなのでしょう。よく経験し、よく磨いたものは、一生さびつくことはありません。たくさん乗り越えてきたのだから、きっと大丈夫。皆さんに幸おおからんことを祈ります。

2014年6月28日 15:58 長井 春美

過去のコラム

back number